tokimi-christianのブログ

アラサークリスチャン時美が(なるべく)毎日、本の紹介を中心にいろんなことを発信しています!

障害者施設での死亡事件を知って考えたこと

みなさま、こんにちは。時美です。

今日は時美の仕事がらみの話題を出していきたいと思います。

昨日、たまたまつけていたテレビのニュースで障害者施設での死亡事件が飛び込んできました。後からネット検索した記事がこちらです。

障害者施設で利用者を暴行死させた疑い 逮捕の職員否認:朝日新聞デジタル

 

3か月前に施設に一時利用していた利用者さんが職員の暴行を受けた疑いで死亡した。容疑者の職員は容疑を否認している。

というものでした。

 

今回の事件では被害者の利用者さんが寝なかったため、容疑者の職員が、暴行に及んだ容疑をかけられています。まだ、結論は出ていないのでこの事件の容疑者についてとやかくいうのはやめます。

ただ、こういう事件がニュースになると同じ仕事をしてる人間としてただ、ただ、悲しくなるのです。

虐待。

障害者福祉でも、高齢者福祉でも、子育て中の家庭の中にでもどこにでも潜んでいる問題だと思います。

障害者福祉を仕事にしている身として、虐待って誰でも起こし得る問題なのかなと感じることがあります。もちろん、虐待は絶対にしてはいけないことです。それは絶対です!

 

でも正しい対応と虐待って本当に紙一重のところにあると思うのです。一歩、たった一歩間違えるだけで虐待に繋がってしまう。

 

例えば他害(他人を攻撃してしまうこと)をしてしまう利用者さん。ちょっとつねられたり、引っ掻かれるというのは日常茶飯事です。ですが、利用者さんがかなり不安定になつてしまっているときは見境なくなってしまうのでかなり激しくなります。

例えば私が実際受けた他害はまあまあな大きさのCDプレーヤーを投げつけられたり、すごく怖い顔で追いかけられておもいっきり噛まれそうになったり(逃げて怪我はなし)、頭ひとつ分大きい利用者さんに覆い被さられて一瞬首を圧迫されたり。

 

どの行為も利用者さんはやろうと思ってやっているわけではありません。最後にあげた一瞬首を圧迫されたのもたまたま身長差があってその利用者さんの腕の位置が私の首の位置だっただけでしたし。

それに他害して落ち着いてくると利用者さんたちはいけないことをしたってわかってるんです。罪悪感から泣き出してしまう人だっています。

仕事を始めた頃は利用者さんの他害がしたかないことだってわかっていても、されたら嫌で、ちょっと怖いって思ったこともあって。

でもそこでやり返すわけにはいかないんですよね。そこをぐっと堪えないと間違った対応になってしまう。でもぐっと堪えることでやり場のないイライラとか嫌っていう気持ちをどう消化していいのかわからないときもありました。

でも当たり前だけど、健常者相手でも障害者相手でも人がいつも自分思い通りに動くなんてあり得ないですよね。それに利用者さんの他害って行きなり他害するんじゃなくてそれまでに原因と何段階か段階みたいなものがあるので他害の前に止めてあげる。

それで全て止められる訳じゃないけど原因がわかるかわからないかだけでも全然違う。

経験と共にその術を学んできました。

 

福祉って悲しいニュースが多く出てきてしまいます。でも現場は3K(汚い、きつい、危険)と言われながら低賃金の中、みんな利用者さんと向き合っているんです。そしてほとんどの職員は試行錯誤しながら対応をしていることをしってほしいです。

 

時美でした!!

黒革の手帖~悪女の繁栄と転落~

みなさま、こんにちは。時美です。

今日はこちらを紹介しますを

黒革の手帖

 

黒革の手帖(上)(新潮文庫)

黒革の手帖(上)(新潮文庫)

 
黒革の手帖(下) (新潮文庫)

黒革の手帖(下) (新潮文庫)

 
黒革の手帖 DVD-BOX

黒革の手帖 DVD-BOX

 

【あらすじ】

銀行員の原口元子は横領資金を元手に銀座でクラブを開き、ママとなる。客の弱味を握り、お金を出させ、る。また、産婦人科医、医大専門予備校理事長、政治家など、客の有力者と繋がることで夜の町でのしあがっていき、銀座の一流クラブルダン買い取りの仮契約を結ぶようになる。ある時を境に元子の計画に狂いが生じ始める

 

黒革の手帖松本清張のサスペンスです。私がこの話しを知ったのは2017年のテレビ朝日での武井咲さん主演のドラマでした。この前にも過去何回もドラマ化されていたようですね。このドラマを観ているときに本屋さんで原作の小説を見つけて買いました。

 

武井咲さんの他に江口洋介さん、仲里依紗さん、滝藤賢一さん、高嶋政伸さん、伊東四朗さんなど豪華キャスト陣でドラマを見ていてとても面白かったです。

特に仲里依紗さんの元子のライバルホステス役や滝藤賢一さん、高嶋政伸さんの怪演 が好きです☆

ドラマを先に見たのでドラマの感想が多くなってしまいましたが、原作の感想も。

サスペンスはあまり読まなくて少し苦手だし、こちらは上下巻にわかれているのですが、一気に読み進めてしまいました。女の欲望というか野望みたいなのが人間味あっておもしろく感じました。私には全くない感情、考え付かない思考回路などがとても新鮮でした。

どろっどろの人間関係って非難もたくさんあるし、正直共感できないことも多いんですけど、小説やドラマになると面白く感じてしまうのはなぜなんでしょうね。

 

時美でした!!

おしいれのぼうけん~怖い押し入れの中での大冒険~

皆さまこんにちは、時美です。

今日はこちらの本をご紹介します。

 

『おしいれのぼうけん』古田足日

おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)

おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)

 

【あらすじ】

さくら保育園にはおしいれとねずみばあさんという怖いものが2つある。

あきらとさとしはおもちゃの取り合いでけんかし、先生におしいれに入れられてしまう。謝らないと出してもらえないが、二人とも謝らない。そのうち暗闇の奥からねずみばあさんがたくさんのねずみを従えて現れる。いつの間にか空間の広くなったおしいれでのぼうけんがはじまる。

 

悪いことしたらおしいれに入れられる…今はそんなこときっとないんでしょうね。私の時もなかったけれど。

暗い暗いおしいれのなかでのあきらとさとしのぼうけんはがんばれ!とエールを送りたくなります。ラストで怖いおしいれから出された2人は長い間はいってたこと、ぼうけんをしてきたことで園児たちの称賛を受けます。子どもの頃の気持ちを思い出す一冊です。

よかったら読んでみてください♪

 

時美でした!!

赤毛のアン~想像力豊かなアンの成長物語~

みなさま、こんばんは。時美です。

昨日はブログはじめて初めてお休みしてしまいました。記事は途中まで書いていたのですが、何故か下書き保存されていないという状況で…途切れちゃったのがちょっと悔しいけれどまた頑張ります!

 

ってこで今日は久しぶりに本の紹介です。

 

赤毛のアンルーシー・モード・モンゴメリー

赤毛のアン 赤毛のアン・シリーズ 1 (新潮文庫)

赤毛のアン 赤毛のアン・シリーズ 1 (新潮文庫)

 

【あらすじ】

プリンスエドワード島アボンリー村のマシューのとマリラ・カスバートの兄妹が畑仕事を手伝う男の子をもらうはずが、手違いで女の子、アンがきてしまう。たらい回しにされたアンの身の上とアン自身の性格の明るさにひかれて引き取ることにする。

おしゃべりで想像力豊かなアンは地元の学校に通うようになり、 ダイアナという親友ができたり、ギルバートという男子に赤毛をからかわれたり。アンは何かと問題を起こし、その度に騒動が起こるが、その人柄から慕われる。アンの成長物語。

 

アンの物語の舞台1900年代初頭のカナダに実際にあるプリンスエドワード島。私は行ったことがありませんがいつかいってみたい世界の場所のひとつです。

赤毛のアン』の原題は『Anne of Green Gables』

グリーンゲイブルズは緑の切妻屋根という意味で、アンが住むことになるカスバート家の家です。作者の親族が住んでいた家だったようです。モンゴメリーは故郷を愛し、その風景を作品の中に織り込んだようです。

アンは本当に面白い子です。想像力豊かというところでいろんな騒動を起こします。

大親友ダイアナをお茶に誘い、マリラが作ったキイチゴ水と違えてスグリ酒(赤ワイン)を飲ませてしまったり。自分の赤毛が嫌で紙を染めようとして緑にしてしまったり。騒動を起こしがちな1人の女の子が大人になっていくまでの成長物語です。

赤毛のアンは実は10完にも及ぶシリーズものです。シリーズの途中ではアンが結婚し、子どもを産み、その子どもの1人に主人公が移っていくのを追いかけながら読むのも良いですよ♪

 

時美でした!!

 

ペンテコステ~教会の誕生日~

みなさま、こんにちは。時美です。
今日は日曜日。時美は朝から仕事です。今月は日曜日に休みがなくて教会に行けないことが確定してしまっています。

ところで、今日はペンテコステという日です。キリスト教の三大祝日の1つです。(ちなみに他の2つはイースターとクリスマス。)
ペンテコステというのは訳すと「聖霊降臨日」
イースターで十字架にかけられたイエスさまが3日後に復活したことはこちらの記事で以前おはなししたとおりです。

時美がクリスチャンになったわけ - tokimi-christianのブログ

 

それから50日目に起きたことがペンテコステの出来事です。


f:id:tokimi-christian:20190609051759j:image

聖書にはこう記されています。

五旬節の日がきて、みんなの者が一緒に集まっていると、 突然、激しい風が吹いてきたような音が天から起ってきて、一同がすわっていた家いっぱいに響きわたった。 また、舌のようなものが、炎のように分れて現れ、ひとりびとりの上にとどまった。 すると、一同は聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、いろいろの他国の言葉で語り出した。(使徒行伝 2章1‭-‬4節 )

キリスト教には三位一体という言葉があります。
父なる神、子なるキリスト、聖霊なる神の3つの神が同一にしてひとつのものなのです。
ペンテコステはこの3つのなかの聖霊と呼ばれる神様の霊が12弟子たち(この時イスカリオテのユダはイエスさまを裏切って死んでいるので11人)に聖霊がくだって、様々な国の言葉で話し始めたのです。
当時、エルサレムには各地から信仰深いユダヤ人が集まって来ていました。住むところが違えば言葉も違います。その各地の言葉で神様の偉大な働きについて話し始めたのです。

そのお話は先ほどあげた聖書の箇所の後の部分(使徒行伝2章5-47節)に続けてかかれています。

急に各地の言葉で話し始めた弟子たちに対して人々は驚き怪しみ、「酒によっているのだ」と言い合いましたが、弟子たちは反論します。
これは元々聖書に書いてある預言がその通り起こったことなのだと。
エスという人は神がこの世に使わした神様の子であった。それなのに人々はその神様の子を十字架につけて殺してしまった。だが、イエスは神の子であるがゆえに死に支配される存在ではないから死から解き放たれて復活して神様の右に座して父なる神の聖霊を受けて、その聖霊を私たち(弟子)に注がれたのだ。
ここに起こっていることは現実で、こんなことができるのは神様だけだ、と。

人々は起こっていることを目の当たりにして信じ、神様であるイエスという人を十字架にかけてしまったことに恐ろしさを覚え、弟子たちにどうすればいいか、尋ねます。すると

「悔い改め、一人ひとりが罪のゆるしを得るために洗礼を受けなさい。そうすればあなた方も聖霊を受けることができる」

との弟子の言葉を受け、この日、3000人が洗礼を受けたことも同じ場所に書かれています。
このペンテコステで弟子たちが聖霊を受けてこの後「全世界にのべ伝えなさい」というイエスさまのご命令を受けて弟子たちが世界中に布教活動を始めるきっかけともなることから「教会の誕生日」とも呼ばれます。まさにこのとき、世界中への布教活動が始まって2000年以上教会は育ち続けてきたのです。

もちろん、教会の歴史の中には過ちもありました。でもこれだけ続いて世界中の人が信じているキリスト教ってうまく言えないけれどすごい宗教なんだなと思います。

とういことで今日はペンテコステについてお話しさせていただきました。時美でした!!

時美的キリスト教用語集についかするもの

ペンテコステ
キリスト教の三大祝日のひとつ。イースターから50日目。弟子たちに聖霊がくだった日。教会の誕生日とも言われる。

・三位一体
父なる神、子なるキリスト、聖霊なる神の3つの神が同一にしてひとつのもの